腸内環境の悪化が発症の原因の一つとも考えられているため、バランスよく規則正しい食生活を送ることは重要です。
たとえば飲酒したからといって病気が発症するわけではありませんが、一般的に体によくないこと(大量飲酒や喫煙、脂肪分や糖分のとりすぎ)は体を整えるという意味で避けたほうがいいでしょう。
また、疲れや睡眠不足でストレスがたまった状態もよくありません。
規則正しい、心身ともに無理のない生活を心がけることが必要です。