基本的に適応障害の症状は、ストレス因から離れればおよそ6ヶ月以内には改善します。
しかし、ストレス因となっている物事を我慢しつづけるなどして症状を長らく放置してしまうと、症状が改善しにくくなります。
具体的には、ストレス因から離れても気分がずっと晴れない、何をしても楽しめないといった状態になる可能性があります。
また、症状の種類や度合いによっては、うつ病や不安症、統合失調症といった他の病気へと診断が変わることもあります。