同じ家系の中で複数名が発症するケースがあることなどから、なんらかの遺伝子が関与していると考えられています。
また、不健全な食生活による腸内環境の乱れが影響しているという説や、免疫反応が過剰に働いて大腸を攻撃してしまうことによるという説もあります。