13歳以上では毎年のインフルエンザ暴露やワクチン接種によって免疫の蓄積が有り、乳幼児ではこの免疫の蓄積が無いとされており、13歳以上は1回、13歳未満は2回(2〜4週間あけて)を推奨されています。