認知機能評価としては、MMSEや長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)と言われるテストを行います。また認知症以外の原因疾患が隠れていないかどうか、血液検査や頭のCTやMRIの検査を行います。