ストレスに対処することが得意でない人は、適応障害になりやすいです。
特に、自分の感情の扱いに慣れていなかったり、他人に相談するのが苦手だったりする人は、悩みや問題を一人で抱え込んでストレスをためてしまうことが多いです。
また、繊細で傷つきやすく、さまざまな物事に対して敏感に反応してストレスを感じてしまいがちな人も、適応障害を発症しやすいといえます。