市販のキットや生理食塩水による鼻の洗浄、点鼻薬の使用などが有効なことがあります。
ただし、自力での鼻洗浄は液の温度、食塩水の濃度、やり方などを間違えると、鼻の粘膜や耳を傷める可能性があります。
セルフケアを行うときは、あらかじめ主治医の先生の指導を受けることが望ましいです。