逆流性食道炎の薬物療法で現在おもに用いられている薬は、胃酸の分泌を抑えるもので、逆流そのものを防ぐものではありません。
そのため、生活習慣を改めるなどして胃酸の逆流そのものを減らしていかない限り、薬をやめることで炎症が再発する可能性は残ります。