アニサキスそのものを速やかに除去することが症状改善につながるので、すぐに胃カメラ検査を行うことが多いです。

胃の中にアニサキスが見つからず、腸への感染が疑われる場合は、採血検査やCT画像検査を行うこともあります。