食道と胃のつなぎ目に下部食道括約筋という筋肉があり、この筋肉がゆるむと胃から食道への胃酸の逆流が起こるようになります。
下部食道括約筋がゆるむ原因としては、

  • 加齢による変化
  • 食べすぎ、早食いなどによる胃内圧の上昇
  • 肥満、衣服での締めつけなどによる腹圧の上昇
  • 脂質の多い食事のとりすぎ

などが挙げられます。