ヘモグロビンとは血液中の赤血球に含まれるたんぱく質のことで、体内に取り込まれた酸素を運ぶ役割を担っています。
このヘモグロビンの量を血液検査で測定し、その値をもとに貧血かどうか判断します。
男性はこの数値が13g/dl以下、女性は11g/dl以下になると貧血と診断されます。