不安症状や頭痛、吐き気などの症状からくる苦痛が大きかったり、症状が数日以上にわたって続いたりしている場合、遠慮や我慢をせず思いきって受診してみましょう。
学校や会社に行けないなど、日常生活や社会活動が支障を生じているときも、ぜひ気兼ねせず病院に行ってみてください。