高血圧

(最終更新日:

病気のQ&A

降圧効果の違いを参考にして使う。

個人の見解

アジルバはよく降圧される。血圧高くないが慢性心不全など続ける理由あるときは降圧効果弱いものを使う。

解説

特に分け隔てなく使用しますが、ニューロタンなどの降圧はあまり強くない印象です(慢性心不全+低血圧でACEI飲めない人などに使ったりしています)。
ARBの降圧効果の比較について限定された状況ではありますが以下の順に降圧効果が強いとされるデータもあります。
アジルサルタン20mg(アジルバ) > オルメサルタン 20mg (オルメテック) > テルミサルタン40mg (ミカルディス)> カンデサルタン8mg(ブロプレス) > ロサルタン50mg(ニューロタン) > イルベサルタン100mg(アバプロ) > バルサルタン80mg (ディオバン)

Satoh, Michihiro et al; The velocity of antihypertensive effects of seven angiotensin II receptor blockers determined by home blood pressure measurements. Journal of Hypertension:Volume 34, p1218-1223(2016)

参考・文献

白石 達也循環器内科 / 9年目
2021/10/21

はじめての方へ
ユビー病気のQ&Aとは?

ユビー病気のQ&Aのメリット1
患者さん向け

病気の疑問や悩み どんな治療方法があるか調べられます

現役の医師がQ&A形式で、運動療法や食事療法、薬の副作用など、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。※治療は医師・医療機関に受診しましょう。

ユビー病気のQ&Aのメリット2
医師・医療機関向け

患者さんへの治療方針の説明から QRコードや印刷、貴院Webサイトへの 掲載など様々な活用ができます

診察室での説明に活用できるのはもちろん、QRコードを印刷して院内チラシにすることで、発熱外来など非接触でご案内ができたりと様々な活用が可能です。

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社