慢性副鼻腔炎がよくなったり悪くなったりを繰り返している可能性があります。
その場合、内服での治療による改善が見られなければ手術も検討します。

なお、ぜんそくをともなう慢性副鼻腔炎は手術をしても再発することがあるため、手術が終わった後の通院も大切です。