血便や腹痛、下痢などの症状が見られます。
炎症が強い場合、発熱することもあります。
また、血便による出血が多いと貧血を起こすこともあります。
めまいや関節痛が生じたり、皮膚が赤くなったりただれたりと、腸以外に症状が出る合併症をともなう場合もあります。

潰瘍性大腸炎では、症状が完全になくなることは基本的になく、症状がずっと続くケースや、落ち着いたり再発したりを繰り返すケースがほとんどです。
治療も完治をめざすというよりは、なるべく症状が治まって落ち着いた状態を維持していくことが基本方針になります。