脳の黒質と呼ばれる部位の神経細胞が、なんらかの異常によって減少することが、パーキンソン病の原因と言われています。

脳の黒質から線条体という部位にかけて存在する神経細胞には、ドパミンという神経伝達物質をつくり出すはたらきがあります。
このドパミンが減少してしまうと、動きが遅くなったり体のこわばりが強くなったりといった症状が出ます。
パーキンソン病の治療は、このドパミンを補充することがメインになります。