逆流性食道炎が進行して食道が傷つくと、吐血を起こすことがあります。
また、食道の上皮が胃の上皮に置き換わる「バレット食道」という状態になってしまう場合もまれにあります。
バレット食道には食道がんができやすいことが報告されています。
逆流性食道炎がバレット食道に進行するのはごく一部のケースとされていますが、近年は食生活の欧米化などにより患者数が増加しているため、注意が必要です。