パーキンソン病は基本的に遺伝する病気ではなく、遺伝性のものは5〜10%と言われています。
ただし、若年性のものの一部は、家族で遺伝することが知られています。

パーキンソン病の発病に関係する遺伝子として、PARK遺伝子をはじめとするさまざまな遺伝子が知られていますが、それらの遺伝子があったとしても全員が発症するわけではありません。