鼻の中に光を当てて目視でのぞいてみるほか、必要に応じて鼻の内視鏡やレントゲン、CT検査などを行います。
また、炎症の原因となっている細菌が何かをはっきりさせるために、鼻水を採取して培養検査を行うこともあります。