糖尿病かどうかは、血液検査でHbA1cや血糖値を調べて判断します。
1度の検査だけで糖尿病の診断が下る場合もありますし、採血を複数回行ったり、ブドウ糖を投与して血糖値の上がり具合を見たりと、いくつか検査を行う場合もあります。

糖尿病の診断が下った場合、原因を探る検査(膵臓に対する抗体の検査など)や、合併症がないかどうかの検査も追加で行います。
心臓や血管の検査に加え、眼科を受診して目の検査も受けてもらいます。