足を動かす神経がヘルニアによって強く刺激されつづけると、神経が麻痺してだんだん動きが悪くなっていくことがあります。
また、膀胱や腸へつながる神経のはたらきに障害が生じることもあります。
このような場合、早めに手術を行わないと症状が改善しにくくなることがあります。