症状が出るにいたった経緯、生まれてからこれまでの生活のこと(生育歴)、既往歴、家族歴について口頭で聞き取りを行います。
どのような出来事がストレス因になっていそうか、いつから症状が出ているのか、症状とストレス因との結びつきはどのようなものか、苦悩はどの程度のものなのかといった点を注意深く聴取します。
抑うつや不安の程度を測る質問紙を記入することもあります。
身体の病気からくる症状ではないことを確認するために、血液検査をする場合もあります。