まずは医師とともにストレス因をつきとめ、そこから離れるようにします。
ストレス因から離れることができれば、基本的には6ヶ月以内に症状が改善に向かっていきます。
その間は、ストレスやその原因との向き合い方を模索しつつ、精神状態の安定を図っていきます。
睡眠障害や不安などの症状がひどい場合、個別の症状を和らげる薬の処方を検討することもあります。