カテーテルアブレーションを行っても、再発リスクは一定程度残ります。
合併症があるかどうかや心房細動が発症してからの期間の長短、どのような施設で治療を行ったかなどにもよりますが、アブレーション治療後の再発率は2〜4割程度にのぼるとされています。