副鼻腔炎の診断には鼻の内視鏡やレントゲン、CT検査が有用なため、それらの設備の整った医療機関を受診しましょう。
基本的にはお近くの耳鼻咽喉科・頭頸部外科で問題ありません。