副鼻腔炎は風邪がきっかけになることが多いので、風邪をひかないように体調管理を行うことが大切です。
基本的なことですが、手洗いやうがい、マスクの適切な使用を心がけましょう。
万が一風邪をひいてしまったときは、しっかり休養をとって早めに治すようにしましょう。