アニサキスの幼虫は、おもにサバ、アジ、サンマなどの青魚やイカなどの魚介類の内臓に寄生しています。
宿主が死亡すると、内臓から筋肉へ移動していきます。
その筋肉(=身)を生食したり、加熱が不十分なまま食べたりした場合、ヒトの体内に入り込むことがあります。