貧血や感染がないかどうか一般的な血液検査で診たうえで、腸の状態を直接確認する大腸内視鏡検査を行います。
場合によっては大腸の一部を採取(生検)し、顕微鏡を用いて診断や状態の確認を行います。
症状が重い場合、他の画像の検査(CTなど)をあわせて行うこともあります。