パーキンソン病(Parkinson病)

(最終更新日:

病気のQ&A

最初に問診を行い、そのあと神経学的診察と、必要に応じて画像検査を行います。最終的な診断は、治療中の経過を見たうえで下します。

個人の見解

パーキンソン病は1回の診察や検査だけで診断を確定させることが難しく、治療や症状の経過をじっくり見たうえで診断をつけることが多い病気です。

解説

まず、体の動きが関わる症状(運動症状)と運動に関係しない症状(非運動症状)について、時系列に沿ってお話を聞いていきます。
その後、神経学的診察と、MRIなどの画像検査を行います。
神経学的診察とは、医師が患者さんの腕や足を動かして、筋肉のこわばりや体の反射的な動きを見ていくものです。

パーキンソン病の診断条件は、

  1. 神経学的診察でパーキンソン病らしさが見られる
  2. 頭の画像検査で他の原因が見当たらない
  3. パーキンソン症状を起こす薬を飲んでいない
  4. パーキンソン病の治療がよく効く

という4つがいずれも当てはまることです。
ただし、発症初期には(場合によっては発症後期になっても)パーキンソン病とパーキンソン症候群を明確に区別しづらく、確定診断を下すことが難しい場合が多いです。

参考・文献

原瀬 翔平脳神経内科
2022/6/10

はじめての方へ
ユビー病気のQ&Aとは?

ユビー病気のQ&Aのメリット1
患者さん向け

病気の疑問や悩み どんな治療方法があるか調べられます

現役の医師がQ&A形式で、運動療法や食事療法、薬の副作用など、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。※治療は医師・医療機関に受診しましょう。

ユビー病気のQ&Aのメリット2
医師・医療機関向け

患者さんへの治療方針の説明から QRコードや印刷、貴院Webサイトへの 掲載など様々な活用ができます

診察室での説明に活用できるのはもちろん、QRコードを印刷して院内チラシにすることで、発熱外来など非接触でご案内ができたりと様々な活用が可能です。

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Ubie株式会社