再手術の可能性は一定あり、手術後5年以内に再手術が必要となるケースは1.5〜8.5%にのぼるという報告があります。
どの方法で手術をしたとしても、再発率はほとんど変わらないとされています。
ただし、再発してもほとんど症状が出ない人もいます。