脳内で不足しているドパミンを補充するために、L-dopa(脳に取り込まれやすい種類のドパミン)を中心としたさまざまな薬を使います。
L-dopaは発症初期は効き目を発揮しやすいですが、次第に効きにくくなってくるので、その場合は量を増やしたり、飲む回数を増やしたりします。
加えて、脳内のドパミン量を維持するために、さまざまな飲み薬や貼り薬を投与します。

なお、ドパミンの血中濃度が上昇すると、体が勝手にくねくねと動いてしまう運動(ジスキネジア)が出現することがあります。
薬をいくら調整をしてもまったく体を動かせない、もしくはジスキネジアが強すぎて生活ができないといった状態を繰り返す場合は、L-dopa持続経腸栄養療法や脳深部刺激療法といった治療法の適応となることがあります。