骨折の既往とYAM(若年成人平均値)から判断する。

診断基準

下記のいずれかのとき、骨粗鬆症と診断し、治療を開始する。

  • 大腿骨近位部骨折あるいは椎体骨折が確認されたもの
  • 肋骨・骨盤・上腕骨近位部・橈骨遠位端・下腿骨の軽微な力(立った状態からの転倒による衝撃以下のこと)による骨折+YAMの80%
  • 骨密度測定でYAMの70%以下あるいは-2.5SD以下

※YAM:Young Adult Mean「若年成人平均値」
※骨密度は大腿骨近位部あるいは椎体で低い%あるいはSDをみる。橈骨や第2中手骨で代替することもあるがその場合は%のみをみる。