薬の種類

骨粗鬆症治療薬は主な作用から骨吸収を抑制する「骨吸収抑制薬」と、骨形成を促進する「骨形成促進薬」とにわかれる。 
・骨吸収抑制薬:女性ホルモン、ビスホスホネート薬(BP)、選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)、カルシトニン、抗RANKL抗体
・骨形成促進薬:副甲状腺ホルモン、抗スクレロスチン抗体 
・そのほかの薬剤:カルシウム薬、活性型ビタミンD3、ビタミンK2など

薬のそれぞれのエビデンス

骨粗鬆症治療薬の有効性の評価をグレートで分類、薬物名、骨密度上昇のエビデンス、椎体骨折に効果的のエビデンス、非椎体骨折への効果へのエビデンス、大腿骨近位部骨折へのエビデンスの順に述べます。カルシウム薬」BBBC L-アスパラギン酸カルシウム リン酸水素カルシウムBBBCエストリオール女性ホルモン薬CCCC結合型エストロゲン 1AAAAエストラジオールABBC活性型ビタミン D,薬アルファカルシドールBBBCカルシトリオールBBBCエルデカルシトール」AABCビタミンK薬メナテトレノンBBBCビスホスホネート薬エチドロン酸ABCcアレンドロン酸AAAAリセドロン酸AAAAミノドロン酸AACCイバンドロン酸AABCSERMラロキシフェンAABCバゼドキシフェンAABCカルシトニン薬2エルカトニンBBCCサケカルシトニンBBCC副甲状腺ホルモン薬テリパラチド(遺伝子組換え)AAACテリパラチド酢酸塩AACC抗 RANKL 抗体薬デノスマブAAAA

(1)より引用
*抗スクレロスチン抗体薬については記載まだされていません。

各薬剤の用法用量と注意

骨折リスクに応じた薬剤選択 

・骨折リスクが低い例(若年で骨折の既往がない):SERM(女性のみ)あるいはエルデカルシトール 
・骨折リスクが高い例(高齢で骨折が一箇所程度ある):BPあるいはデノスマブ 
・骨折リスクがきわめて高い例(高齢~超高齢で骨折も多数ありうる):副甲状腺ホルモン薬(テリパラチド)あるいは抗スクレロスチン抗体(ロモソズマブ)
(2)より

BP製剤は、アレンドロン酸やリセドロン酸が週1製剤を使うことが多いです。コンプライアンスが悪いなどで月1製剤が望ましい場合にミノドロン酸を使用することも。(整形外科 H T)


70歳位までは活性型VitDやSERM、それ以上の年齢ではビスホスホネート製剤や抗RANKL抗体の使用を考えることが多いです。
ビスホスホネート製剤や抗RANKL抗体では、5年以上の長期利用では顎骨壊死や非定型大腿骨折のリスクが高まるとされているので若年者ではあまり用いないです。(JAMA2011;305(8):783-789.
椎体骨折や大腿骨頚部骨折のように骨折後の再骨折リスクが高いやつでは、ビスホスホネートや抗RANKL抗体、多発骨折などにはPTH製剤や抗スクレロスチン抗体の使用も検討。
腎機能障害がeGFR<30くらいになるとほとんどの薬が使えなくなります。その場合は、Ca値に注意しながら抗RANKL抗体をh使用したりします。(整形外科 H T)

テリパラチド・ロモソズマブ・デノスマブを中止する際に推奨される逐次投与

・テリパラチド(投与期間は2年間)➡ BPあるいはデノスマブ
・ロモソズマブ(投与期間は1年間)➡ BPあるいはデノスマブ 
・デノスマブ(投与期間に制限なし)➡ BP
*逐次投与:上記の薬を中止すると骨密度が減少する。これを防ぐためにBPなどに切り替えること。