リスクを確認して、治療の目標値を確認してから、治療にかかる。
二次予防(心血管疾患の既往がある人)の目標値 目標値: LDL<100mg/dL、Non-HDL<130mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL  さらに急性冠症候群、糖尿病+高リスク、家族性高コレステロール血症の場合は 目標値: LDL<70mg/dL、Non-HDL<100mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL  *急性冠症候群では目標値以下でもスタチンは最大容量を推奨  一次予防(心血管疾患の既往がない人)の目標値 低リスク、中リスク、高リスクに分類し、目標値を決める。  ①糖尿病、CKD、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患があるか確認 →ある場合は高リスク  ②糖尿病、CKD、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患がない場合は下記リスク因子の数で分類 リスク因子: ①喫煙②高血圧③低HDLコレステロール④耐糖能異常⑤第一度近親者の冠動脈疾患の既往(男性<55歳、女性<65歳)  男性; 40-59歳: 0個=低リスク、1個=中リスク、2個以上=高リスク    ; 60-74歳: 0個=中リスク、1個以上=高リスク  女性; 40-59歳: 0 or 1個=低リスク、2個以上=中リスク    ; 60-74歳: 0 or 1個=中リスク、2個以上=高リスク  75歳以上は主治医の判断  *こちらのページで簡単にリスク算出できます  ③リスクにあわせた目標値を確認する 低リスク: LDL<160mg/dL、Non-HDL<190mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL  中リスク: LDL<140mg/dL、Non-HDL<170mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL  高リスク: LDL<120mg/dL、Non-HDL<150mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL

治療の目標値

二次予防(心血管疾患の既往がある人)の目標値

目標値:LDL<100mg/dL、Non-HDL<130mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL

さらに急性冠症候群、糖尿病+高リスク、家族性高コレステロール血症の場合は

目標値:LDL<70mg/dL、Non-HDL<100mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL
*急性冠症候群では目標値以下でもスタチンは最大容量を推奨

一次予防(心血管疾患の既往がない人)の目標値

低リスク、中リスク、高リスクに分類し、目標値を決める。

①糖尿病、CKD、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患があるか確認

→ある場合は高リスク

糖尿病、CKD、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患がない場合は下記リスク因子の数で分類

リスク因子
  • 喫煙
  • 高血圧
  • 低HDLコレステロール
  • 耐糖能異常
  • 第一度近親者の冠動脈疾患の既往(男性<55歳、女性<65歳)
男性

40〜59歳:0個=低リスク、1個=中リスク、2個以上=高リスク
60〜74歳:0個=中リスク、1個以上=高リスク

女性

40〜59歳:0〜1個=低リスク、2個以上=中リスク
60-74歳:0〜1個=中リスク、2個以上=高リスク
75歳以上:主治医の判断
こちらのページで簡単にリスク算出できます

③リスクにあわせた目標値を確認する

低リスク:LDL<160mg/dL、Non-HDL<190mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL
中リスク:LDL<140mg/dL、Non-HDL<170mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL
高リスク:LDL<120mg/dL、Non-HDL<150mg/dL、TG <150mg/dL, HDL ≥40mg/dL

治療

生活習慣の改善

  • 禁煙し、受動喫煙を回避する
  • 過食と身体活動不足に注意し、適正体重を維持する
  • 脂質の制限:肉の脂身、動物脂、鶏卵、果糖を含む加工食品の大量摂取を控える
  • 魚、緑黄色野菜を含めた野菜、海藻、大豆製品、未精製穀類の摂取量を増やす
  • 糖質含有量の少ない果物を適度に摂取する
  • アルコールの過剰摂取を控える
  • 有酸素運動を30分以上/日を目標に実施する

薬物療法について

スタチン系とフィブラート系を併用する場合は、横紋筋融解症の発症リスクが高まる。腎機能低下患者は特に注意。CK値の急激な変化に注意する。

治療薬の種類と薬効

各治療薬の効き目についての説明です。スタチンはLDLをよく下げます。TGも下げます。HDLはやや上げるかもしれません。象徴コレステロールトランスポーター阻害薬はLDLをよく下げます。TGも下げます。HDLはあげます。陰イオン交換樹脂はLDLは下げます。TGとHDLはあげます。プロブコールはLDLはとHDLを下げます。フィブラート系はLDL下げます。TGをよく下げます。HDLをあげます。多価不飽和脂肪酸はTGを下げます。ニコチン酸誘導体はLDLを下げます。TGを下げます。HDLをあげます。PCSK9阻害薬はLDLを大変良く下げます。TG下げます。HDLはあがるかもしれません。MTP阻害薬はLDLをよく下げます。TGをよく下げます。HDLも下げます。MTP阻害薬は家族性コレステロール血症ホモ接合体患者に適応です。

薬剤治療の詳細はこちらのページへ


LDLアフェレーシス

家族性高コレステロール血症患者において薬物療法でも効果不十分な場合など検討される。