症候性か、また家族歴があるかなどを念頭に問診行い、またブルガダ型心電図のタイプ(サドルバック型かコブド型など)や症状に応じて、侵襲的な検査なども考慮する。

  • 家族歴など含め有症候性の場合
  • 無症候性でも精査考慮する場合

は専門医へ紹介を。

新型コロナウイルスに関する注意点

新型コロナウイルスに関してブルガダ症候群の患者が特に注意すべき点について、日本循環器学会より情報が公開されています。

「新型コロナウイルスに関するQ&A (心臓病患者さん向け)」(よくある質問の問3)
https://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2020/04/JCSCOVID19QA.pdf