Genpaku
Genpaku
医師向け診療サポート

高血圧:Ca拮抗薬の使い方・使い分けは?の診療について

最終更新日時
参考ガイドライン
・文献等

概要

降圧効果あるもの、徐拍効果あるものなど意識して使い分けする

個人の見解

アムロジン・アダラート・アゼルニジピンあたりは降圧効果メイン。ベラパミルとジルチアゼムは徐拍効果ある。
(循環器内科 9年目 白石達也)

解説

アムロジン2.5mgやアダラート20mg、アゼルニジピン8mgあたりから開始することが多いです。(採用薬にもよると思います。)その後フォローして高い場合は増量するか、他の薬を足すかします。ベラパミルやジルチアゼムは、脈拍数を減らす作用もあるので、頻脈気味などでなければ降圧目的にはあまり使っていません。

内科一般」のほかの記事

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Genpaku