Genpaku
Genpaku
医師向け診療サポート

僧帽弁閉鎖不全症の診療について

最終更新日時
参考ガイドライン
・文献等

概要

中等症以上や、心不全をきたしている場合は要精査。

症状

  • 無症状
  • 心不全
  • 息切れ
  • 起座呼吸
  • 浮腫

身体所見

  • 心尖拍動の左下方への偏位
  • 全収縮期雑音とⅢ音の聴取(参考

鑑別

  • 一次性
    • Marfan / Ehlers-Danlos / Loeys-Dietz
    • 僧帽弁裂隙やパラシュート僧帽弁
    • 外傷(参考症例
    • リウマチ性
    • 感染性心内膜炎
    • 心筋梗塞に伴う乳頭筋断裂
    • 自己免疫疾患(SLE / Libman-Sacks 型心内膜炎
    • 薬剤性
  • 二次性
    • 左室機能不全
    • 心房細動

検査

  • 経胸壁心エコー(定量評価の参考
  • 経食道心エコー
  • カテーテル左室造影(Sellers重症度分類で評価する) 

(1)より引用

治療


(1)より引用
BSAの計算

  • 手術加療の適応については上記フローチャートを参照
  • 内科的加療
    • 心不全に対して利尿薬やACE阻害薬やARB、β遮断薬の考慮

フォローアップ

  • 重症MR(手術適応にならない無症候性):半年〜1年に1回の心臓超音波
  • 中等症MR:1~2年に1回の心臓超音波

専門医紹介のタイミング

中等症以上や、心不全をきたしている場合

さらに

経カテーテル治療MitlaClipが出現し、手術リスクが高い・手術不能例への加療も考慮できるようになった。

(1)より引用

ナレッジシェア

Genpaku公式ドクターのみが投稿できます
白石 達也循環器内科
Verified
2021/5/11
  • 経胸壁心エコーだとあまり重症にみえなかった方が、経食道心エコーや左室造影を行うと重症であることがたまにあります。(心不全の方など)
  • MitlaClip実施可能施設は一覧があります。

循環器内科」のほかの記事

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Genpaku