Genpaku
Genpaku
医師向け診療サポート

痔核の診療について

概要

肛門管粘膜下と肛門上皮下にある血管叢と結合組織からなる柔らかい組織(肛門クッション)が徐々に肥大化し、腫脹、出血、脱出などの症状を呈したものである。

・内痔核 歯状線よりも直腸粘膜側の痔核
・外痔核 歯状線よりも肛門上皮側の痔核
・血栓性外痔核 血栓形成によって外痔核が腫脹したもの
・痔核の嵌頓 脱出した内痔核が肛門内に還納できなくなった状態

疫学

有病率に男女差はなく、年齢層は45~65歳が最も多い。

リスク

排便回数の減少や努責などの慢性便秘症状がある
ほかに

  • 長時間の座業
  • 食物繊維の摂取が少ない
  • 妊娠、出産
  • 慢性下痢など

鑑別

粘膜脱、直腸脱、直腸潰瘍、直腸炎、直腸・肛門ポリープ、直腸肛門の腫瘍性疾患(肛門癌、直腸癌)

症状

出血

排便時に見られ鮮明な赤色であることが多い。
暗赤色の出血、粘血液、貧血、持続出血などが見られる場合は大腸病変の鑑別が必要。

疼痛

急性の血栓性外痔核や、慢性の内外痔核に血栓を生じて急性腫脹した場合に見られる

脱出

内外痔核が肛門管外へ脱出する。排便時に生じることが多い。
ほか腫脹、掻痒感、粘液漏出

検査

肛門鏡検査(内外痔核を直視下に確認できる)
※肛門鏡検査の際に直腸診も行う。
下部消化管内視鏡検査(直腸疾患などの鑑別)

治療

(1)生活指導

  • 十分な水分量の摂取と食物繊維の摂取
  • アルコールの過剰摂取を控える
  • 過度の努責や長時間便座に座り続けることを避ける
  • 長時間の座位や体の冷えを避ける 
  • 血栓性外痔核や嵌頓痔核では、座浴や入浴で局所を暖める→疼痛と腫脹の緩和に有効

(2)薬物療法

薬物療法は、腫脹、疼痛、出血などの症状を緩和するが、慢性的な脱肛症状を消失させる効能はない。
外用薬(軟膏・坐剤)と内服薬がある。
※ステロイド含有薬は、腫脹、疼痛、出血の強い急性炎症の時期に著効するが、長期使用でまれに肛門周囲皮膚炎や白癬症の原因となるため注意。

一般的な外用薬とその成分

  • 強力ポステリザン(軟膏)/ ポステリザンF(坐剤)
    • ヒドロコルチゾン、大腸菌死菌浮遊液(創傷治癒促進作用)
  • ネリプロクト(軟膏・坐剤)
    • ジフルコルトロン吉草酸エステル(ステロイド)、リドカイン
  • プロクトセディル(軟膏・坐剤)
    • ヒドロコルチゾン、ジブカイン(局所麻酔薬)、フラジオマイシン(抗菌薬)、エスクロシド(止血剤)
  • ボラザ(軟膏・坐剤)
    • トリベノシド(炎症性浮腫の緩和)、リドカイン

(3)外科的治療

保存的治療で改善しないGoligher分類Grade Ⅲ(排便時に脱出し用手的還納が必要)またはGrade Ⅳ(常に肛門外に脱出し用手的還納が不可能)の脱出を伴う場合に通常適応となる。
結紮切除術、PPH(procedure for prolapse and hemorrhoids)法、ゴム輪結紮療法、硬化療法、分離結紮法などの治療法がある。

専門医紹介のタイミング

出血を伴う場合は消化管精査のため消化器内科へ紹介。
保存的治療で改善しない場合は肛門外科へ紹介。

ナレッジシェア

Genpaku公式ドクターのみが投稿できます
F T消化器内科
Verified
2021/8/13

検査について

出血を伴う痔核症例で直近1年以内の内視鏡検査施行歴がない場合は、初診時に大腸内視鏡検査を勧めています。

消化器内科」のほかの記事

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Genpaku