問診

急性の肝障害が疑われるとき

発症前6ヶ月間の生活歴(観血的医療行為、海外渡航、性的接触、生の魚介類やブタ・イノシシ・シカの生肉摂取、大量飲酒、薬物乱用の有無)や薬物歴(処方薬、漢方薬、健康食品など)を聴取する。

慢性の肝障害が疑われるとき

飲酒、肥満の有無及び肝性脳症などの肝不全症状の有無を確認する。

他に確認する生活歴

既往歴:手術歴、輸血歴、薬物乱用歴、刺青歴など
家族歴:家族の肝疾患の有無

身体所見

  • 意識状態:肝性脳症による意識障害の有無
  • 黄疸と皮膚症状:血中総ビリルビンが2.0~3.0mg/dLになると黄疸を肉眼的に認めるようになる(顕性黄疸)
  • 手掌紅斑、くも状血管腫、女性化乳房など(慢性肝疾患、肝硬変)
  • 掻痒感による掻き傷(慢性の胆汁うっ滞)
  • 腹部所見
    • 肝脾腫および腹水貯留の有無
    • 腹壁静脈怒張の有無
  • その他
    • 下腿浮腫、肥満の有無