CTにおいて、気管支内径が並走する肺動脈径より大きいことなど確認する。
喀痰培養検査で抗酸菌培養をチェックする。