Genpaku
Genpaku
医師向け診療サポート

前立腺肥大症の診療について

最終更新日時
参考ガイドライン
・文献等

概要

前立腺が肥大を起こすことで排尿障害や蓄尿障害を起こす。

疫学

前立腺肥大症の明確な定義は定まっていないが、「IPSS7点」「前立腺体積20 mL」「最大尿流量10 mL/秒」のすべてを満たす人を前立腺肥大症とすると、40 歳代 2%,50 歳代 2%,60 歳代 6%,70 歳代 12%

リスク

代表的なリスク因子は以下の通りである。
・男性ホルモン
・加齢
・肥満
・高血圧
・高血糖
・脂質異常
・遺伝的要因
喫煙や飲酒との関連性は少ない。イソフラボノイドやリグナンといったエストロゲン作用を有する生理活性物質は抑制的に働く。

鑑別

尿量過多の原因として

  • 飲水過多

頻尿の原因として

  • 膀胱がん
  • 膀胱結石

尿意切迫感の原因として

  • 過活動膀胱

など。
ほかに前立腺がんは進行すると閉塞症状をきたす場合がある

問診・症状

・飲水行動を問診(可能なら排尿日誌を。参考
・尿の勢い、尿のキレ、排尿開始遅延、排尿途絶、残尿感など
IPSS(国際前立腺症状スコア)

身体所見

  • 直腸診

肥大した前立腺を触れる
正常は胡桃大であるが、鶏卵大~鵞卵大になることもある
硬さは弾性硬であるが、硬結を触れる場合は前立腺がんの可能性を考える

検査

・エコー検査による前立腺体積の計測([横断面での短径☓長径]☓[矢状断での長径]☓1/2 (cc))と中葉突出所見の評価
・尿流量検査
・残尿検査(尿閉による溢流性尿失禁が起こっている可能性があるため)

治療

・α1ブロッカー、PDE5阻害薬、5α還元酵素阻害薬が適応となる
・前立腺肥大症があり、かつ尿意切迫感がある患者において、過活動膀胱の治療薬(抗コリン薬やβ3作動薬)を単独で投与すると尿閉になるリスクがある
・投薬治療による改善が乏しい場合、以前は開腹手術も行われていたが、現在は内視鏡手術が行われることが一般的である

フォローアップ

・前立腺体積を経時的に計測する
・膀胱の高圧状態を避け、膀胱の変形を防ぐことが大切
・前立腺肥大症自体は前立腺がんのリスクではないが、前立腺肥大症はPSA値や生検の感度に影響するため、注意が必要である
・5α還元酵素阻害薬を使用していると、PSA値が半分程度に減少するため、一般的な基準値と異なる

専門医紹介のタイミング

下記のような場合は専門医への紹介を要する
・前立腺体積が50mLをこえている場合
・投薬しても残尿量が100mLをこえている場合
・投薬しても症状の改善が乏しい場合
・尿意切迫感を伴う場合
・肉眼的血尿を伴う場合

ナレッジシェア

Genpaku公式ドクターのみが投稿できます
伍木 脩泌尿器科
Verified
2021/7/22

検査について

  • 前立腺肥大の程度と症状は必ずしも一致しません。前立腺は20mL程度までが正常とされていますが、100mLであっても排尿に問題がみられないケースも。
  • 単に大きさで判別せず、尿流量検査の結果、残尿量、膀胱の変形程度を総合的に評価して診療する必要があります。

泌尿器科」のほかの記事

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Genpaku