悪性所見あるいは疑いを示す所見がある場合に精査・切除を考慮する

悪性の所見であるhigh-risk stigmata(HRS)を認める場合:手術を考慮

high-risk stigmata(HRS)

  • 閉塞性黄疸を伴う膵頭部の嚢胞性病変
  • 造影される壁在結節高≧5mm
  • 主膵管径≧10mm

悪性の疑いを示すworrisome features (WF)を認める場合:超音波内視鏡など精査を行い、切除適応を決定

worrisome features (WF)

  • 膵炎の既往
  • 嚢胞径≧30mm
  • 造影される壁在結節の存在 高<5mm
  • 造影される壁肥厚
  • 主膵管径5〜9mm
  • 尾側膵の萎縮を伴う主膵管狭窄
  • リンパ節腫大
  • CA19-9の高値
  • 2年間で5mm以上の嚢胞の拡大

high-risk stigmata、すなわち閉塞性黄疸を伴う膵頭部の嚢胞性病変か造影される5mm以上の壁在結節か10mm以上の主膵管径認めるときは手術を考慮します。またworriesome featuresすなわち膵炎の既往、あるいは30mm以上の嚢胞径、あるいは5mm以下の造影される壁在結節、造影される壁肥厚、5~9mmの主膵管径、尾側膵の萎縮を伴う主膵管狭窄、あるいはリンパ節腫大、血清CA19-9の高値、2年間で5mm以上の嚢胞径拡大を認める場合はEUSを行い精査をして、主膵管内進展所見や壁在結節が5mm以上であること、細胞診で悪性疑われた場合は手術を考慮します。
 (2)より引用