脂質異常症(高コレステロール血症) - 医師向け

高HDL血症はどう考えますか?

ほかリスク因子の調整をメインに行う

解説

100mg/dL以上などで高HDLとされることが多いですが、HDL高いことがすなわち動脈硬化の抑制作用があるとは証明されておらず、むしろ高いことはリスクです。
プロブコールに低下作用はあるので使用を考慮しつつ、他のリスク因子などの抑制に心がけることが重要です。

白石 達也循環器内科
2021/11/2
ユビー病気のQ&Aで見る