便秘症 - 病気について

なぜ便秘になるのでしょうか?

便を出にくくする物理的な原因による場合と、便を出す機能がうまく働いていないことによる場合があります。

解説

便秘は大きく2種類に分けることができます。
便を出にくくするなんらかの物理的な原因による「器質性便秘」と、便を出す機能がうまく働かないことによる「機能性便秘」です。

器質性便秘は、便がなんらかの物理的な原因によって腸を通りづらくなっている状態をいいます。
原因としては、

  • 腸にできものがある
  • 腸が狭くなっている

といったことがあげられます。

他方、便の通りを物理的に妨げるものがなくても、便を排出する体の働きが弱くなることで便が出にくくなることがあります。
こちらは機能性便秘と呼ばれ、原因としては、

  • ほかの病気や薬の影響で便の通過が遅くなっている
  • 摂取した食べ物や水分の量が少ないために適切な便が適量つくられていない
  • 便の排出にかかわる筋肉の運動や神経の刺激がうまくいっていない

といったことがあげられます。

吉岡 藍子消化器内科
2022/5/29
ユビー病気のQ&Aで見る