脂質異常症(高コレステロール血症) - 検査について

健康診断の結果を見るとき、コレステロールについての数値はどのように見ればいいのでしょうか?

LDLおよびTGの値が高すぎないか、またHDLの値が低すぎないかをチェックしましょう。

解説

コレステロールには、LDL(悪玉コレステロール)とHDL(善玉コレステロール)の2種類があります。
また、コレステロールの仲間であるTG(中性脂肪)の数値もあわせて見ておくといいです。

LDLとTGは、数値が高ければ高いほど、心臓の病気や脳梗塞になるリスクも高まります。
一方HDLは、逆に数値が低いほど病気になるリスクが高まります。
ただし、高すぎるのもかえってよくないため注意が必要です。

白石 達也循環器内科 / 9年目
2021/11/17
ユビー病気のQ&Aで見る