脂質異常症(高コレステロール血症) - 治療について

どのくらいのコレステロール値から治療すべきでしょうか?

基本的にはLDL 160mg/dl以上で治療を考えます。喫煙歴や他の持病がある場合は、もっと低い数値でも治療が必要です。

解説

コレステロール以外のところにどれだけ問題があるかによって、治療が必要とみなされる数字も変わります。
高血圧・喫煙歴・糖尿病といった動脈硬化リスクに関わる問題や、心臓の病気等がない場合の目安は、以下のとおりです。

  • LDL 160mg/dl以上
  • TG 150mg/dl以上
  • HDL 40mg/dl未満


高血圧・喫煙歴・糖尿病などがある場合は、以下の数値を目安にします。

  • LDL 120-140md/dl以上


また、心臓の病気がある場合は、以下の数値を目安にします。

  • LDL 70~100mg以上
白石 達也循環器内科 / 9年目
2021/11/17
ユビー病気のQ&Aで見る