認知症 - 医師向け

認知症の薬はどういう使い分けをしますか?

アルツハイマー型認知症と診断されている場合は、コリンエステラーゼ阻害薬かNMDA受容体拮抗薬を使用。その他改善したい症状にあわせて対症的に対応します。

解説

アルツハイマー型認知症と診断されている場合は、認知機能の悪化スピードを緩やかにする目的で、コリンエステラーゼ阻害薬かNMDA受容体拮抗薬のなかから選択して使用します。最もシェアが多くデータも豊富なドネペジル、ニコチン性アセチルコリン受容体の作用を高める効果を併せ持つガランタミン、貼付薬のリバスチグミン、興奮症状を落ち着かせる傾向のあるメマンチン、それぞれ特徴がありますので症状や生活背景に応じて検討し、選択するのがよいでしょう。

M M内科一般
2021/12/23
ユビー病気のQ&Aで見る