潰瘍性大腸炎 - 治療について

一般的にどのような治療を行いますか?

おもに大腸の炎症を抑える薬で治療します。

解説

炎症を抑えるために、飲み薬と、大腸にじかに効き目がおよぶ坐薬を用います。
症状が重い場合、注射薬や免疫を抑える薬を使ったり、入院して絶食を行って腸を休めたりします。
一度血液を体の外に出して、炎症を引き起こしている白血球を取り除く治療(血球除去療法)を行うこともあります。
それでもよくならない場合、必要に応じて大腸の切除も検討します。

吉岡 藍子消化器内科
2022/6/2
ユビー病気のQ&Aで見る