高血圧 - 医師向け

ARBの使い分けは?

降圧効果の違いを参考にして使う。

個人の見解

アジルバはよく降圧される。血圧高くないが慢性心不全など続ける理由あるときは降圧効果弱いものを使う。

解説

特に分け隔てなく使用しますが、ニューロタンなどの降圧はあまり強くない印象です(慢性心不全+低血圧でACEI飲めない人などに使ったりしています)。
ARBの降圧効果の比較について限定された状況ではありますが以下の順に降圧効果が強いとされるデータもあります。
アジルサルタン20mg(アジルバ) > オルメサルタン 20mg (オルメテック) > テルミサルタン40mg (ミカルディス)> カンデサルタン8mg(ブロプレス) > ロサルタン50mg(ニューロタン) > イルベサルタン100mg(アバプロ) > バルサルタン80mg (ディオバン)

Satoh, Michihiro et al; The velocity of antihypertensive effects of seven angiotensin II receptor blockers determined by home blood pressure measurements. Journal of Hypertension:Volume 34, p1218-1223(2016)

白石 達也循環器内科 / 9年目
2021/10/21
ユビー病気のQ&Aで見る