腰部脊柱管狭窄症 - 病気について

日常生活での注意点はありますか?

腰の神経を休める時間を十分にとること、なるべく腰をまっすぐ伸ばしたり反らしたりしないことが大切です。

解説

一日に1〜2回程度、30分を目安にあおむけの状態で腰と膝を曲げる姿勢をとるなどして、腰の神経への負担をやわらげましょう。
腰をまっすぐ伸ばしたり、後ろに反らしたりしないように日頃から注意することも大切です。
歩くときはやや前屈みで歩くよう心がけます。
高いところの作業は台に乗って行うようにします。

濱畑 智弘整形外科
2022/4/7
ユビー病気のQ&Aで見る